top of page
検索

【楽して編集】見落としがちな編集の効率化テクニック



動画編集を初めて数週間、少しずつ編集の操作には慣れてきた。

それなのに編集スピードがなかなかあがらない……


おめでとうございます。

これであなたは動画編集「初心者」を卒業し、「中級者」になりました。(だれ基準?)

最初はただ操作やエフェクトの位置を覚えるだけで精一杯だったのが、今は編集速度に気が回る余裕が出てきた証拠でしょう。


動画編集は細かな作業が多く、集中力が切れる。

同じ作業が淡々と続くだけでつらいし飽きる。

それに同じ動作を何度もしているという、無駄な時間がある。


そう思った人は次に紹介するコツを参考にしてみると、何か見えてくるかもしれません。

FCPX、Adobe、Davinci Resolveなど、どの編集ソフトでも応用できます。

 

動画編集を効率的に行うことで作業スピードがあがります。

すなわち、楽に動画編集が進むということです。


今回紹介するコツは:

 ①ショートカットキーを覚える

 ②撮影時に意識する

 ③編集の順番を身につける

 ④一括で編集する

 ⑤編集時に自分が楽だと思った動作を意識する


②の撮影の際に意識すること、③の編集の順番に関しては次回深堀します。


① ショートカットキーを覚える

これは言うまでもありませんね。

例えばクリップの分割をする際には「右クリック→クリップ分割」よりかは「分割キー」の一動作の方が早いのは分かりますね。

編集スタイルや動画の長さに関係なく「クリップ分割」ような、多数回行う動作はショートカットキーを覚えることで


覚えるまでに多少時間はかかりますが、動画編集速度をあげるためには比較的簡単な方法です。


そのほかにも覚えておきたいショートカットキー:

  • クリップズームアウト

  • マーク追加

  • キーフレーム追加

  • エフェクトのみコピペ


② 撮影時を意識する

編集にかかる時間を最も左右しているのは映像そのものの質です。

編集状況を想像しながら、撮影の時点で編集が楽になる工夫をするのです。

解説や企画系の、一般的なYoutuberのような動画を制作しているなら、セリフを噛まずにしっかり言い切れるまで取り直しすること。

シネマ風なBrollやトランジッションが多いスタイルならトランジッションが綺麗に重なり合うように角度や距離を調節して、慎重に撮影すること。

撮影時間は長引いてしまうかもしれませんが、編集時の自分には大いに感謝してもらえます。


その他にも、光量や画角など、撮影時で調節できることはそのうちにしておきましょう


③ 編集の順番を身に着ける

編集するときはいっきに全部やり切ろうとしたり、思い付きで行動したりしていませんか?

編集時間が必要以上にかかってしまう大きな要因になっているかもしれません。


細かな手順は人によりけりですが、一般的には1つの作業を1つずつ潰していく方法が一番の近道だといわれています。

タイムライン上のクリップをやみくもに編集するのではなく、

素材をストーリー順にとりあえずタイムラインに挿入→大まかにクリップ分割のカット作業→細かなカット作業→音量統一→BGM・テロップ付け→効果音

と、順を追って編集項目1つ1つ施していくことが大事です。


次回記事では私の詳細な編集手順を紹介しています。


④ 一括で編集する

これが一番見落としがちなコツだと思います。裏技というか、神技というか……

つまり、複合クリップやプラグインを活用して一括で修正を加える、ということです。


カット作業が終わり、いよいよクロップなどの動画編集の醍醐味ともいえる作業をするぞ!っていうときにぶち当たる壁です。細かく分割されたクリップに1つ…1つ…加えなければいけませんね…(想像するだけで疲労感が…)


そう、分割されたクリップをまた1つの複合クリップとしてがっちゃんこすればいいだけの話なのです。(私はこれに気づくのに数か月かかりました。アホゥ)


複合クリップを作りたくない、作れない、という場合はプラグインをダウンロードし、ソフトに取り入れましょう。

例えば私が使用しているものはタイムラインに落とし込むとテロップのように表示されます。このプラグインにエフェクトを加えると、その下部に位置する項目すべてにエフェクトが適応される、という仕組みです。

使い慣れるまで練習が必要ですが、なかなかの強者です。


⑤ 編集時に自分が楽だと思った動作を意識する

最後に、各々の感覚やセンスに個人差が出るコツですが、編集者として成長するにはとても大事なことです。


普段の編集で自分の作業工程を意識して、「この動作を単純化することはできないか」、「この技、他のシチュエーションでも応用できるんじゃないか」と常に編集の近道を探していくのです。不覚にも効率化の妨げになっていたことが、改善されてしまう可能性だってあります。

 

まとめ

長くなってしまいましたが、編集を効率化して楽にするコツを4つ紹介しました。


動画編集「上級者」になれるよう、楽して頑張っていきましょう。


以上です!


-Katie Mai

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page